確定申告の書類が来ないよ・・電話するのも嫌だけどどうしよう

アルバイトには様々な人たちが働いていて、本業がバイト一本で正規雇用を望んでいる人、他に夢があるからバイトをしているという腰掛けのタイプ、他に本業があって、空いている時間や休日をバイトに当てるフリーランス、様々な人たちがいます。一番最後の人のタイプだと、自分で所得やスケジュールを管理して、いわば経理や営業や事務などを全て自分でこなさないといけません。そうした場合、当然年末調整や確定申告も自らするものです。しかし、そうした書類が送られないということもしばしばあります。バイトに対しての扱いが悪いというか、そういうことを気にしていないと思われているかもしれません。お金を与えれば細かいことはいいだろう、そんな感じでやられるパターンもあります。

確定申告を自分でする

バイトを一つのところでやっていたら、バイト先が年末調整してくれ、税金の増えたり減ったりする誤差は調整してくれ、年末にまとめて数千円ほど引かれたり、戻ってきたりします。こういう人は確定申告をしなくてもいいですが、バイト先が複数だったりすると、どちらかの勤務先にまとめてしてもらうか、自分でするなどの作業が必要になります。他に、自分で他の仕事をしている自営業やフリーランスの人だと、案件ごとに給与があったりするので、その個別の給与から所得税が引かれます。これが1割ほどで、まあいいかと思っていると損をします。チリも積もれば山となるじゃないですけど、この数千円や数万円をちゃんと申告すれば、確定申告で多くが戻ってきたりして、ちょっとした正社員じゃないフリーランスやフリーターのボーナス代わりになったりします。4月か5月などにまとめて振り込まれるので、多くあれば数十万円も手にします。さて、これをどうやって手に入れればいいのでしょう。

バイトもしているけど、自ら仕事もある

自営業の空いている時間でバイトをしているような人だったら、バイトでした源泉徴収票も取得して、他の収入と合わせて申告しないといけません。しかしながら、この源泉票が送られないなんてこともあります。バイト先はバイトの立場が分かっていないので、源泉票を雑に扱ったりします。送られなかった場合、電話かメールになるのですが、電話だとやはり金のことなので角が立ちやすいです。メールだといいのですが、逆に無視されるケースもあるので、状況に応じて使い分けましょう。