人間関係はバイトを終わっても続くのか、やめたら別に話すことはない

バイト仲間など、今でもバイトを辞めて後も付き合って、生涯の友達になれた。プライベートでも仕事でも付き合ってくれる友を見つけた。そんな出会いもあるのがアルバイトの醍醐味ではあります。しかしながら、本人がその気ではないのに、相手に一方的に誘われ続けたらどうでしょうか。仕事をしている時ならわかる気もします。バイト帰りに仕事の延長でバイトのことをしゃべったりするのも楽しみだったり、ストレス発散だったりの効果もあるでしょう。しかし、バイトを辞めた後も、お茶の誘いを受けたり、休日に遊びのお誘いを受けたら、本人的にはもうバイトを辞めたらから付き合うことはないと腹をくくっていたのに、ずっと付きまとう。本当にフィーリングの合う人同士ならいいことなんですが、それがバイトを終わった後も続く、なんとかしたい、こんなことは意外とあるのではないでしょうか。バイトを終わったらどのようにするのが普通なのでしょうか。

バイトを退職した後の人間関係

やめても一生友達だよ、と固く誓いあったバイト仲間同士も、しばらくしたら音信不通になるということもめづらしくありません。金の切れ目は縁の切れ目ではないですが、バイトの切れ目は縁の切れ目になりがちなのはあります。仕事関係の話を在職中もしていたのなら、やめた後はいわばしゃべることはありません。逆に仕事以外の相談事などを常にしゃべっていたのなら、しゃべることはありますから人間関係は続くことも多いようです。なので、バイトをしている間は、仕事仲間としての側面が多いので、どうしてもその人間関係をひきづってしまいます。バイトを辞めた後も年下の上司が偉そうにしていたら、どう思いますか。本当に尊敬できる人ならいいですし、一生、先輩後輩の関係を続ければいいに越したことはありません。しかしながら、そんなに尊敬もしてないバイトの先輩が、プライベートでずっとパシリを命じたりしてきたらそれこそ地獄です。いつかブチ切れて、バイトだから頭下げてたんだよ、プライベートでは一ミリも尊敬してないからな、などと発してしまう悪夢も想像できます。一般的には退職後、数ヶ月は連絡をしあったりしますが、それ以降は何かがないとなかなか関係を保つことはないことが多いようです。在職中にそれを見極めて、付き合いをしていきましょう。